クレジット決済の仕訳

クレジット決済クレジットカードが、法人カードであって、支払いを行った日に、
・消耗品999/未払金999
・交際費11,000/未払金11,000
のような仕訳をしていて、クレジット決済日に、
・未払金11,999/普通預金11,999
という仕訳をしていれば、まっとうな方法で、問題はないと思います。しかし、それが、なかなか面倒に思われるかもしれません。

個人事業主の方であれば、クレジット決済の日付で、クレジット利用明細から、1つ1つの取引を仕訳入力するのもありかと思います。ただし、前期分は入力しないようにします。逆に、翌期に引き落とされた分は、しっかり、未払金で入力することになります。

- カテゴリ: