廃業を考えるタイミング

廃業できれば、廃業するような事態にはなりたくないのですが、現実を見た時に、その選択が有力であれば、決断を延ばすのは賢明ではありません。

それは、会社の体力と、社長もしくは事業主の体力を消耗するからです。消耗しきってからは、再スタートは、かなり難しいです。余力(特に資金)が少しでもあれば、次の何かを始める準備なり、情報を集めることもできます。

残念ながら、これまで、消耗しきるまでがんばってしまった方々を見ることもありました。決断するのは、社長さんなり事業主さんなので、無理強いはできませんので、やんわりと「今のうちに」と言うことしか出来ず、たいへん、歯がゆい思いをするものです。このコロナの影響下、「辞めても、何もできない」と言いますが、「続けて、傷口を広げてしまう」と、本当に「辞めることもできなくなります」。この言葉の意味は、分かる人には、分かると思います。本当に、たいへんな事態になります。

- カテゴリ: