事業継承円滑化

事業継承昨日は、衆議院選挙が行われました。議員の世代交代をうまくやり遂げたところもあれば、議員で居続けることに支持が得られなかったところもあるようです。何事も、引き際は大切だと考えらえます。

事業を継承する時も、同様のことが言えます。会社(法人)として、事業として価値があれば、それを継承する際には、贈与税や相続税が発生する可能性があります。継承するものがすべて現金であれば、その納税にはあまり問題は生じないかもしれませんが、そんなことは稀で、納税の猶予が必要な場合は少なくありません。そのために、「経営承継円滑化法」というものが用意されています。事業継承をご検討の方は、調べてみるか、ご相談してみてください。

- カテゴリ: